木古内町で内科・外科・人工透析・糖尿病療養・各種健康診断については木古内町国民健康保険病院まで

文字サイズ

〒049-0422 北海道上磯郡木古内町字本町710

予約専用番号

01392-2-4895

受付時間 / 8:30 ~17:00

24時間救急診療。事前に電話連絡をし、ご来院お願い致します。

01392-2-2079 01392-2-6025

サイトマップ

お知らせ

2017.11.09 地域医療構想の住民向け説明会へ参加しました

11月3日、函館市で「どうしてひとつの病院で、ずっと診てくれないの?」と題した、地域医療構想の住民向け説明会が開催されました。
地域医療構想とは、2025年を目途に医療圏ごとにバランスのとれた医療を提供するため、病床機能と病床数の見直しを行い、地域の需要に基づいた医療サービス体制を図るものです。
木古内町は、函館市、北斗市、松前町、福島町、知内町、七飯町、森町、鹿部町との2市、7町で構成されている「南渡島医療圏」に属しており、この医療圏には5,384床の病床があります。これを、2025年までの8年間で527床を減らし、4,858床にする構想となっています。機能別では、慢性期を1,036床、急性期を257床減らして、高度急性期を227床、回復期を541床増やす計画です。
今回の説明会は、この地域医療構想の必要性を地域の方々へ知っていただくことを目的に開催され、当院職員と町からは大野副町長が出席しました。
主催者であり医療圏の中核病院である市立函館病院の木村病院長のあいさつに始まり、厚生労働省の伯野企画官から地域医療構想の必要性、次に北海道の小川地域医療課長から北海道が策定した地域医療構想のポイント、最後に渡島総合振興局の原田保健福祉部長から医療圏に動向について講演がされました。
その後、特別発言として自治体病院を設置している町を代表して、大野副町長より地域医療構想を推進する立場から、地域医療を守るためにも担当部署だけではなく、オール北海道で取り組むべきと発言をしました。
現在、当院の病床数は急性期79床、回復期20床ですが、今後は医療圏の地域医療構想に沿った病床の機能を検討することが求められています。
なお、副町長の発言内容は下記のPDFファイルにてご覧ください。

 

 


副町長の発言.pdf

木古内町国民健康保険病院

〒049-0422
北海道上磯郡木古内町字本町710

予約専用番号 01392-2-4895 受付時間 / 8:30 ~17:00

TEL 01392-2-2079 FAX 01392-2-6025