木古内町で内科・外科・人工透析・糖尿病療養・各種健康診断については木古内町国民健康保険病院まで

文字サイズ

〒049-0422 北海道上磯郡木古内町字本町710

予約専用番号

01392-2-4895

受付時間 / 8:30 ~17:00

24時間救急診療。事前に電話連絡をし、ご来院お願い致します。

01392-2-2079 01392-2-6025

サイトマップ

病院概要

事業管理者ご挨拶

病院事業管理者 小澤 正則

 日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しています。もし現在の医療・介護供給体制をこのまま継続すれば、団塊の世代が75歳以上となる2025年(平成37年)以降は、高齢者の施設は「部屋の奪い合い」となり、病院のベッドは不足し「患者のたらい回し」が起こると予測されます。しかし国には医療福祉予算の伸び率に見合うだけの財政補償の余裕はありません。そこで登場した方策が「施設から在宅へ」、「病院から在宅へ」という流れです。つまり高齢者や患者の方々を、各個人の責任において、またそこに住んでいる住民が相互に協力し合って支援する体制を構築することにより、最期まで住み慣れた自宅で過ごすことを可能とするという政策です(地域包括ケア)。
このため医療供給体制にも病院の機能を明確化することによる大きな改革が進行中です。
この制度に則ると、当院のような200床未満の地方中小病院の役割は、都市部にある500床規模のセンター病院が担う高度急性期疾患や先端医療とは明らかに異なってきます。
当院の今後の性格は、軽症急性期や回復期にある患者さん方の在宅復帰を可能にするため支援を積極的に担う施設として、大規模病院や介護老人保健施設「いさりび」との連携をさらに強化しながら、生まれ変わることが必要です。
 
地域の方々には、こうした医療・介護の制度的な流れが、豪雨時の川のような勢いで「ゴウゴウ」と音をたてて動いていることを十分ご理解いただきたいと思います。つまり、これまでの「何が何でも大病院」の意識から、「近くにあって、いつでも診察が得られて、何でも十分理解できるまで相談がなされ、必要なときは専門医の紹介が可能な」かかりつけ医機能を備えた当院のような病院を受診の第一選択であるように先ず意識の変換が求められているのです。
この制度は、疾患の治療を通して地域社会とそのご家族を直接支えることを目標としているともいえます。私どもは、この円滑な運用のために、病院の組織体制を整えるとともに職員の意識向上を目指して一層の努力を惜しまないつもりでおります。地域の方々には何卒ご理解・ご協力を頂きたくよろしくお願い申し上げます。

院長ご挨拶

地域住民の安全と安心を得られるよう 努めてまいります。

 木古内町国民健康保険病院の診療の柱は、地域のニーズにあった医療の提供であります。そのための病床として、99床、血液透析14床を有しています。医療を支える内科4名、外科1名、整形外科1名の医師が常時勤務し(うち2名は総合診療内科医)、眼科、耳鼻科、泌尿器科、婦人科、麻酔科の各医師が非常勤務しています。リハビリのための理学療法士と作業療法士1名、療養指導のための糖尿病療養指導士、呼吸療法認定士、認知症ケア管理士などとチームで取組んでおります。在宅看取りを希望される場合には、訪問看護師3名と医師4名で在宅医療を提供しています。

ご家族が介護疲れに陥られた場合でも医療が継続できるように、レスパイト(介護休暇)入院としての地域包括ケア病床20床を設置しています。

 病院の基本理念として「保健・医療・福祉の連携により住民の幸せに貢献する」ことを掲げ、地域の患者さんに各職種のスタッフが寄り添い、他施設との連携を深め、思いやりのある、安全で快適な医療を提供できるよう努めてまいります。当院の電子カルテに診断支援システムと遠隔画像診断システムを導入しています。さらに高次基幹病院とITネットワークで繋がっています。血液検査結果、レントゲン画像情報、内服薬注射薬、各種文章を共有しています。あたかも一つの仮想病院のように高次基幹病院と連続し一体化した医療を提供します。それにより、転院された場合にも同じ検査が繰り返されない、高次基幹病院での費用削減と入院期間が短縮されるなど、トータルで見れば、より安価でより迅速な医療の提供に貢献しています。

 これからも地域の病院として、地域包括ケアの中核を担い、地域の高次基幹病院、診療所、介護福祉機関との連携をも行いながら、地域住民の安全と安心を得られるよう努めてまいります。さらに住民との連携の推進も重要と肝に銘じ、診療現場からの情報発信と各種交流にも心を配りたいと考えております。 このホームページにあるメール投稿から、または直接にお電話で、地域住民の声をどしどしお寄せていただきたく、よろしくお願い致します。

病院の理念と方針

基本理念

基本方針

連携により住民の幸せに貢献します

地域の皆様のために

1. 思いやりのある医療を目指します

2. 安全で快適な医療を目指します

3. 他施設との連携により最適な医療を目指します

4. 健全な経営の実現を目指します

ヒトは健康なだけでは幸せにはなれません。本当の「幸せ」とは、「その人らしく満足な生き方ができる」ことにあります。健康はそれに到達する手段であって目的ではありません。したがって病院には、病気を治すことだけにこだわるのではなく、生活を支援する福祉とともに、「そのヒトらしさ」を支えるという全人的な対応が強く求められるといえます。

病院概要

名 称木古内町国民健康保険病院
所在地〒049-0422 北海道上磯郡木古内町字本町710番地
TEL・FAXTEL:01392(2)2079 FAX:01392(2)6025
開設年月日昭和31年4月
開設者木古内町長  大森 伊佐緒(おおもり いさお)
病院事業管理者小澤 正則(おざわ まさのり)
病院長清水 秀和(しみず ひでかず)
許可病床数一般 99床
看護種別一般病棟入院基本料 10:1
指 定救急指定医療機関・労災指定病院

患者様の権利と責任

  • 1)医療を受ける権利 … 必要な医療を公平に受ける権利があります。
  • 2)知る権利 … 自らの受ける診療内容について知る権利があります。
  • 3)納得・同意の権利 … 十分な情報を得て納得した上で同意する権利があります。
  • 4)プライバシー保護の権利 … 個人に由来するすべての情報はその個人に帰属するものであり、
    厳重に保護される権利があります。
  • 5)医療者と協調する責任 … 診断治療を適切に行うためには医療者と協力して診療に当たる責任があります。

病院の機能評価について

当院は、日本医療機能評価機構の病院機能評価(3rdG:Ver.1.0)を、2014年3月17日から3月18日の2日間にわたって受審し、2014年8月1日に同機構より「一般病院1(20床以上100床未満)(主たる機能)」の種別・区分での認定を受けました。

1. 患者中心の医療の提供2. 良質な医療の実践1
3. 良質な医療の実践24. 理念達成に向けた組織運営

木古内町国民健康保険病院

〒049-0422
北海道上磯郡木古内町字本町710

予約専用番号 01392-2-4895 受付時間 / 8:30 ~17:00

TEL 01392-2-2079 FAX 01392-2-6025